カンボジアの技能実習生

  • カンボジアの技能実習生

    • カンボジアには技能実習生として職業訓練や日本語教育を受けている若者がたくさんいます。

      カンボジアの技能実習生情報について詳しく解説しております。

      多くの派遣会社では、日本に送り出す前に教育施設での研修によって来日時には研修成果を発揮できるようにレクチャーを受けます。

      雇用主と実習生との間でコミュニケーションができるように「話す」と「聞く」の指導は特に重点的に行なわれています。



      カンボジアにおいて日本は最大の援助国なので日本人や日本企業への憧れを強く持っています。そうした憧れから日本で学びたいというカンボジア人が技能実習生として活躍しています。


      技能実習生の制度は開発途上国への国際貢献と国際協力を目的として日本の技術や技能などを修得することを支援していますが、この制度によって長期的なカンボジアの発展や貧困の撲滅に貢献しています。


      日本の企業にとっても技能実習生を受け入れることで政府や企業との関係を深めることができます。


      その交流を通して投資先としての魅力も高まり、海外進出の足がかりとしてビジネスチャンスを作る元になっています。

      実習生を受け入れて作業工程やマニュアルなどの効率化が進んだり、真面目な実習生に感化されて職場が活性化するというケースも多く見られます。
      カンボジア人のほとんどが熱心な仏教徒であり、食文化においても日本と同様に箸を使って食事をしたり、お米を食べるという文化的に日本と通じるものがあります。年配の人を敬ったり、気配りを怠らない点も日本人の礼儀やマナーの習慣に似ている部分があるので日本の文化に馴染みやすいという特徴があります。