カンボジアの技能実習生

  • カンボジアの技能実習生の特徴とは

    • 日本では多くのカンボジア人の技能実習生が働いています。


      彼らの母国は世界遺産であるアンコールワットを中心として、すばらしい遺跡がある国です。

      しかし、その一方で苦しい生活を送っている人々もたくさんいます。

      ポルポト政権の時代に首都プノンペンを含めた市街地が破壊されたり、多くの知識人層を含む国民が命を失って国全体が疲弊してしまったからです。
      かつては肥沃な大地を持っており、随分と栄えていた国ですが、現在では最貧国の一つに数えられています。


      そのような国への支援事業の一環として日本はカンボジアから技能実習生の受け入れをしています。


      安価な労働力という側面もないことはありませんが、それ以上に日本で技術を学んで母国に持ち帰り、自分の国を豊かにするという役割が大きくなっています。

      カンボジアの技能実習生情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

      安価な労働力がほしい日本企業と、日本で技術を学びたい人のニーズが合致した結果です。

      カンボジアからくる技能実習生は大家族の人が多いため、協調性があります。
      ほとんどが敬虔な仏教徒です。

      日常の食事はお米をメインとしています。

      日本とも共通する部分が多いので、価値観を共有できます。
      素朴で真面目な人柄の人が多く、日本においても問題なく働いて技術を身に着けられるでしょう。



      言語はクメール語が中心ですが、日本に来るまでの間に日本語の勉強をしてきますので日常会話は問題ないでしょう。



      親日国であることもメリットです。


      多くの働き手に悩む工場主や農家が国際社会への貢献も兼ねてカンボジアから技能実習生を雇い入れています。